Visual Studio 2022

Professional 2022 を入れてたんだけど試用版だったので試用期間が切れてしまったので、Community 入れ直し、のついでにアウトプットとして色々書いておこうと思い、書く。途中で飽きるかもしれない。

参考サイト・リファレンス

公式
Visual Studio: IDE and Code Editor for Software Developers and Teams

ダウンロードページ
Download Visual Studio Tools – Install Free for Windows, Mac, Linux

ドキュメント
Visual Studio documentation | Microsoft Docs

Visual Studio のエディション

Community, Professional, Enterprise の三つのエディションがある。
使用ライセンスと使える機能がそれぞれ異なるが、Community と Professional の機能はほとんど変わらない。
(公式の比較ページ:https://visualstudio.microsoft.com/vs/compare/

サブスクリプション版だと Microsoft のほとんどのソフトを開発・テスト用という制限で使えたりする。

価格と購入のオプション | Visual Studio (microsoft.com)

Community

無償で Professional 同等機能が使えるライセンス。
ただし、その使用に規定があり、ざっくりいうと個人・学習・小規模ビジネス向け。
どっからが小規模じゃなくなるの?っていうと、PC 250 台もしくはユーザー 250 人以上から。

詳しいライセンス内容はこちら
License Terms | Microsoft Visual Studio Community 2022 – Visual Studio

Professional

上記の規模を超えた企業等で利用するためのライセンス。
前述したとおり、機能についてはほぼ Community と同等なので個人は Community 使っておけばいい。

使用制限のかかっている CodeLens という機能についての制限内容は以下のようなもの。

<h6>CodeLens is available in Visual Studio Community edition, however, the source control indicators are not available in this edition.</h6>
Find code changes and other history with CodeLens – Visual Studio (Windows) | Microsoft Docs

ソース操作の表示がされないとかなんとか。まぁいらんやろ!

Enterprise

なんか色々使える。高いから知らない。
テスト周りの機能が多いイメージ。

WordPress が色々とまた新しくなってたので触りがてら書いてたんだけどインストール終わったので終わります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください