弦楽四重奏アレンジ ピアノソナタ 月光

うわ、なんかWordpressの投稿画面変わってる!(挨拶)

リハビリとして色々と曲のアレンジなど行ってるんですが、ついに(というほど動画あげてないけど)クラシックに手を出し、ベートーヴェンのピアノソナタ14番 月光 第1−3楽章の弦楽四重奏アレンジです。もともとはピアノで弾く曲です。言わんでも有名だから知ってますかね。(意外と知らない人もいるのでこういう言い方するときにどういう顔すればいいのかわからな笑えばいいと思うよ)

そもそも発端としては寝付けないときにホットミルクにブランデーと蜂蜜入れて飲みながら(睡眠薬と飲酒は良くないとは言われますねそうですね。)第1楽章を聴くということをしていたんですが、ふと弦楽器で聞きたくなったというそれだけです。そういう意味では第1楽章がメインのターゲットだったんですが、最終的に一番手をかけたのが第3楽章になりました。

第1楽章・第2楽章はほとんどテンポなどはいじらず、音の強弱・奏法をやんわりと調整する程度で出来上がってるんですが、第3楽章は何回も同じセクションを再生しながらテンポを調整したり各楽器を単体で再生しながらまず奏法・強弱を調整、その後に全体で聴きながら再調整、ということを頭から何回か繰り返すといううんざりとする手の込みようです。なるべく自然に聴かせられるようには意識をしたのでサラッと聴くと意識的に気付かないかもしれないですけどかなり色んなとこで細かいテンポ調整・タイミング調整をしてるので興味があればそんなとこまで聞いてみてくださいませ。

動画は結局まだAfterEffectsです。プラグラム出来てません。はい。いやでもAEでまだまだ出来ることあるな、って改めて思ったしシンプルにすればそんなに書き出し重くならないし作業効率的にもいいしほらね、うん、いやプログラムも作ってたんですけど動画描画までは行けたんですよ、動画ファイルへのエンコード・書き出しで詰まってるんですよ。ffmpegとかいうの使えば良さそうなんだけど、あ、これは別の話にしたほうがいいですね、そうします。

Twitterでもちょっと言ったんですが、月光という曲を気に入ったらぜひいろんなピアニストの演奏を聞いてみると全然違って面白いです。演奏者によって見えてくる景色が変わります。あ、そうだ、音を聴くというよりは音を視るイメージで聞いてもらえるとなおいいかも。

クラシックっていうと
「作曲者の作曲当時の背景が〜〜
「年代の背景が〜〜
「技法が〜〜〜
とかって知らなきゃいけないのかなとか
「敷居が高いもの〜〜
とか思われがちなんですけどそんなことなくて、当時のPOPだと思えばいいですし、適当に有名なの聴いとけばいいんですよ。その上で上記のことを知りたくなったら知ればいいだけで。今の時代にまで残ってるPOPなのでそりゃいい曲いっぱいあるんでぜひ聞いてみてください〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ちんこ。

3大ソナタはそのうち同様のアレンジするだろうし、他のクラシックもやりたいしなんならクラシックオタクにブチギレられそうなシンセグイングインさせたアレンジなんかも曲によってはしたいなと思っております。まぁそれ以前にKing Gnu とかTMGEとかPillowsとか平沢とかゲーム曲とかアレンジしたいものだけでもかなりあるんですけども。自分の曲も作りたいんですけど。プログラミングもしたいんですけど。学習指導要領のこともまだ書いてないんですけど。あっ死ねる!働いてる場合じゃない!あ〜〜〜(死)いや、今日体調良ければ午後から仕事行こうとか思ってますけども(自殺)

【アレンジ】G.W.D【thee michelle gun elephant】 – string quartetto

SymphonicOrchestraの打込みに慣れるための弦楽四重奏アレンジ練習第二弾。果たして王道の弦楽四重奏的アレンジからはかけ離れてしまっている。ロック四重奏。もう完全に思いつきでやり始めて、あれ、微妙か?とはうすうす思いながらも聴き直したら、あれ、かっこいい・・・?のか・・・?とか思いつつ完成させた。

メロディーはアーティキュレーションキースイッチの切り替えよりもベロシティとエクスプレッションの書き込みに注力した。もっとはっきりと抑揚をつけた方がよかったと思いつつもこれにあまり時間をかけてもしょうがないなとある程度のところで終わらせた。

4パートしか無いのにバイオリンは20を超える奏法を選択しつつ、ベロシティとエクスプレッションの書き込み、ノートの長さの微調整をしていくだけで大変なのに、ライブラリに不具合があるのか正常な動作なのかわからないが、ベロシティの数値と出音の音量が一致しないことがよく発生してしまって大変。特にレガート系の奏法。奏法によって定位がいきなりおかしくなったりがやはりあって結局モノラルソースに切り替えた。

バイオリンとヴィオラのキースイッチはだいぶ慣れてきたけれどコントラバスは二種類しか使ってないので全く慣れなかった。といってもカンニングペーパー片手なのだけれど。

チェロの音かっこいいなー、という動機で最後まで持って行ったけれどこの系統のチェロといえばそういえば2Cellosっていう2台のチェロでガンガンやってる人たちが。

the prodigyのvoodoo peopleをやってる辺りから知ったのだけれどこの系統のアレンジも楽しそう。

Ievanpolkkaに見るアレンジの色々

弦楽四重奏アレンジする際に色々見つけて面白かったのでアレンジの仕方と共に載せていく。実際にコードを変化させる(リハモナイズ)やり方も最後に簡単に付け加えておく。

基本形

Key=E♭m。別名「ロイツマ」で知られてるIevanPolkkaだが、ロイツマとはこのグループ名らしい。四声で構成されている。展開は多少あるものの、使われているコードは基本的にはE♭m、B♭m(、D♭)くらい。

初音ミク版(テクノポップ?)

Key=F♯m。元動画がどれだか分からなかったので再生数の一番多かったものを貼っておく。ロイツマ版とはまずキーが一音半違い、声が担っていたパートが一部シンセに振られ、ドラムが加えられている。メロディーの音運びとリズムは簡略化されて細かい音がなくなっている。コード成分を担っている裏拍で入る声のリズムはロイツマ版では「(休符)パパッ(休符)パッ」だったものが「(休符)パッ(休符)パッ」に簡略化されている。一方で楽器音に置き換えられたベースパートは、経過音が加えられている。本来の頭の一拍だけのベースが担っていた役割はドラムのキックが代わりになっている。同様に先の簡略化された「パパッ」の部分はクラップ・ハイハットが担っている。展開としてはパートの抜き差しによって行われ、コード進行は統一されていて、繰り返しによるフィルインなどの展開が加えられている。

Korpiklaani版(メタル)

Key=Dm。森メタル。メロディー後半部分をイントロや間奏でのメインフレーズにしている。メロディーは前半部分の更に前半のみが二回繰り返されることが多く、前半部分の後半部分はたまに歌われる。コード進行も手が加えられ、前半部分はもともとIm>Im>Vm>ImだったものがIm>Im>VII♭>Imに、後半部分はIm>Vm>Vm>ImだったものがVm>VII♭>VII♭>Imに変わっている。といってもロイツマ版も展開して同様のコード進行になっている部分もあるが。

Salut Salon版(声と弦楽・鍵盤)

Key=Dm。おもしろおばさん集団。メロディー・コード進行共に基本形に近い。パフォーマンスと合間合間に楽器によるソロを入れることにより展開している。

Dubstep版

Key=F♯m。メロディーは初音ミク版そのままに、コード・リズム・展開が変化している。コードはIm>VII♭>VI♭>Vmという下降系になり、コードに合わせたピアノやその他楽器の追加、リズムはいわゆるツーステップに合わせるためにテンポもかなり遅く(メロディー基準で考えれば速く)なっている。

Drum’n’Bass版

Key=Dm。音色とリズムと展開で持って行ってる。コード進行はコルピクラーニ版にやや近く、(前半)Im>VII♭>VII♭>Im、(後半)Im>VII♭>Vm>Im。メロディーの音色をSuparSaw、ドラムパターンが16分で細かく入ることによってDnBとなっている。

弦楽四重奏版

Key=F#m。自分のやつ。ロイツマ版をほぼそのまま置き換えている。コード進行もほとんど変化させていない。F#を鳴らしっぱなしにしている部分くらいか。弦楽器の打込みの練習なので主に奏法を変えることによって展開させている。

リハモナイズ

簡潔に。
まずロイツマ版を簡略化したものが以下。

score_ievan_both

簡略化のためにキーをAmにして、メロディーとベースパートのみにしてある。現状のコード進行はルートを拾ってもらえばわかると思うが、AmとEmのみとなっている。ここからさらにメロディーのみを抜き出してから考える方法と今あるコードを理論に従って変化させてく方法とがあるが、だいたい出る結果はまぁ同じなので得意な方、考えやすい方でやればいいと思う。説明が簡単なので一応理論っぽい考え方をしてみる。

キーがAmなので単純にナチュラルマイナースケールで考えてやると、使える和音はAm・Bdim・C・Dm・Em・F・Gの7つ。この選択肢と、メロディーの構成音とコードの構成音があまりぶつからないようにと考えてやれば自然にコードの選択肢は2・3に絞れると思う。自分で適当に考えてみるとEmではなくEメジャーが入ってしまうのだけれど、これは多分ハーモニックマイナーの音から来てるんだと思う。F#dimも入ってきそうなんだけどメロディックマイナーの音だっけ?あれ?メロディックとハーモニーってどっちがどっちだっけ?って辺りで説明するのがめんどくさくなって好きな音使えって言いたくなる。

自分が自動的にやってることを細かく言語化しようと試みたけど難しかったので今日はやめときます。

【アレンジ】Ievan Polkka – String Quartetto

なんか練習がてらやろうとするとかえるのうたばっかりだなって思って違うものにした。

SymphonicOrchestraの打込みに慣れるための弦楽四重奏。コード進行を思いっきり変えてしまうアレンジも頭のなかにはあったけど今回はそんなに大きくは変えなかった。ロイツマ版を参考にしたので広く知られてる初音ミク版とはメロディーやリズムの細かい部分は異なっている。展開に関してもロイツマ版に沿って大きくはなれない範囲での展開に留めてある。

solo violin(2つ)、solo viola、solo celloの全てKeysw Master。キースイッチによる切り替えで、全てとはいかないまでも大体のアーティキュレーションを網羅している。今回はここに含まれている範囲内で演奏の構築を試みた。といっても本当に細かく作りこんだのはメロディーだけで、他はそこまでやる元気がなかった。これくらいの小さい編成だともう少しちゃんと作りこまないと安っぽさが多少目立つ。大編成・大音量になるのであれば伴奏に回る楽器は奏法とベロシティーさえ間違わなければそこまで問題は無さそうではある。表現したいものが表現できていれば生っぽいかどうかという点は絶対必要なわけでもないので。

キースイッチの場所と奏法と音とが頭の中で一致していないのでこれだけのものなのに結構時間がかかってしまった。アナログではあるけれど、スイッチの音名と奏法名と音の形を紙に書いて手元に置いて覚えるまでは併用したほうが良さそう。本格的なオーケストラの編成を作るにはまだ時間がかかりそう。

【アレンジ】Splatoon – Splattack! drum’n’bass remix

イカやりたさに原曲に近いVerと遠ざかったVer作った。

近いVer

Niconico / Youtube

遠ざかったVer

Niconico / Youtube

いつもはドラムの音源にGrooveAgentOneばっか使ってるんですけどそういえばBatteryなんてのも持ってたよなと思って使ってみた。多分初めて。以前に一回使おうとして、え、なにこれ、起動めっちゃ遅いよ、え、って思ってしばらく使ってなかったんですけど、重いのはどうやら初回起動時だけのようです。多分ライブラリの読み込みみたいなやつ。最初は地道にKitの中からいいのないかなと思って探してたんですけど、Batteryの鍵盤に対する音の配置って1オクターブごとに異なるセットが4セットほど繰り返されてるので途中で探すのもめんどくさくなって結局自分で必要そうな音だけ探してKit組んでいじりました。ありきたりなドラムンなドラムになったんじゃないでしょうか。Battery、別に重くもないし結構使いやすいことが判明したのでこれから使います。マルチアウト組むのはとりあえず一通り自分用に音の組み合わせ作ってからにしたほうが良さそうなので後回し。シンセは全部Massive。NIばっか。

イカの声いじって色々やりたかったりスネア連打の代わりにスプラシューター音使いたかったりあったんですけどやめときました。トルネードとメガホンとスプラボムとチャージ音とインク音は潜り込ませました。

アレンジ Splattack! piano arrange

Splatoon売っちゃったんですけどね。

Youtube

PCが壊れる前に録音してあったもの。
PC復帰したのでアップロード。
音源はPianosGoldのSteinwayD。
Reverenceでリバーブ追加。
リアルタイム録音後にテンポトラックで細部タイミング・テンポ調整しました。
ピアノソロならMIDIノート単位で調整するよりテンポトラックで調整したほうがはるかに楽で自然だということに気づいた。