弦楽四重奏アレンジ ピアノソナタ 月光

うわ、なんかWordpressの投稿画面変わってる!(挨拶)

リハビリとして色々と曲のアレンジなど行ってるんですが、ついに(というほど動画あげてないけど)クラシックに手を出し、ベートーヴェンのピアノソナタ14番 月光 第1−3楽章の弦楽四重奏アレンジです。もともとはピアノで弾く曲です。言わんでも有名だから知ってますかね。(意外と知らない人もいるのでこういう言い方するときにどういう顔すればいいのかわからな笑えばいいと思うよ)

そもそも発端としては寝付けないときにホットミルクにブランデーと蜂蜜入れて飲みながら(睡眠薬と飲酒は良くないとは言われますねそうですね。)第1楽章を聴くということをしていたんですが、ふと弦楽器で聞きたくなったというそれだけです。そういう意味では第1楽章がメインのターゲットだったんですが、最終的に一番手をかけたのが第3楽章になりました。

第1楽章・第2楽章はほとんどテンポなどはいじらず、音の強弱・奏法をやんわりと調整する程度で出来上がってるんですが、第3楽章は何回も同じセクションを再生しながらテンポを調整したり各楽器を単体で再生しながらまず奏法・強弱を調整、その後に全体で聴きながら再調整、ということを頭から何回か繰り返すといううんざりとする手の込みようです。なるべく自然に聴かせられるようには意識をしたのでサラッと聴くと意識的に気付かないかもしれないですけどかなり色んなとこで細かいテンポ調整・タイミング調整をしてるので興味があればそんなとこまで聞いてみてくださいませ。

動画は結局まだAfterEffectsです。プラグラム出来てません。はい。いやでもAEでまだまだ出来ることあるな、って改めて思ったしシンプルにすればそんなに書き出し重くならないし作業効率的にもいいしほらね、うん、いやプログラムも作ってたんですけど動画描画までは行けたんですよ、動画ファイルへのエンコード・書き出しで詰まってるんですよ。ffmpegとかいうの使えば良さそうなんだけど、あ、これは別の話にしたほうがいいですね、そうします。

Twitterでもちょっと言ったんですが、月光という曲を気に入ったらぜひいろんなピアニストの演奏を聞いてみると全然違って面白いです。演奏者によって見えてくる景色が変わります。あ、そうだ、音を聴くというよりは音を視るイメージで聞いてもらえるとなおいいかも。

クラシックっていうと
「作曲者の作曲当時の背景が〜〜
「年代の背景が〜〜
「技法が〜〜〜
とかって知らなきゃいけないのかなとか
「敷居が高いもの〜〜
とか思われがちなんですけどそんなことなくて、当時のPOPだと思えばいいですし、適当に有名なの聴いとけばいいんですよ。その上で上記のことを知りたくなったら知ればいいだけで。今の時代にまで残ってるPOPなのでそりゃいい曲いっぱいあるんでぜひ聞いてみてください〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ちんこ。

3大ソナタはそのうち同様のアレンジするだろうし、他のクラシックもやりたいしなんならクラシックオタクにブチギレられそうなシンセグイングインさせたアレンジなんかも曲によってはしたいなと思っております。まぁそれ以前にKing Gnu とかTMGEとかPillowsとか平沢とかゲーム曲とかアレンジしたいものだけでもかなりあるんですけども。自分の曲も作りたいんですけど。プログラミングもしたいんですけど。学習指導要領のこともまだ書いてないんですけど。あっ死ねる!働いてる場合じゃない!あ〜〜〜(死)いや、今日体調良ければ午後から仕事行こうとか思ってますけども(自殺)

Cubaseの「名称未設定」フォルダをリネームするバッチファイル

動作

Cubase5をいまだに使っているので以降のバージョンのフォルダ構成が違ったら知りません(´・ω・`)
プログラミング勉強したての人間がググりながら作成したのでもし使う場合には自己責任でご利用ください。

CubaseProjects(人によって名前は違うかも)内にたまっていく「名称未設定」フォルダに一個一個アクセスして中に入っている「.cpr」(プロジェクトファイル)の名前を拾ってフォルダ名をつけ直していきます。たまりますよね、名称未設定。え?溜まらないの?え?気付いたら四桁間近とかたまらない?たまるよね?

フォルダ内に「.cpr」がないフォルダに当たると処理がずれてリネーム処理されなくなってしまうのだけど、頭を使うのが疲れてきていたので何度も処理を呼び出し直すという力業で解決しています。「.cpr」が含まれないフォルダはリネームされません。そもそも「.cpr」が含まれないプロジェクトフォルダって、Cubase起動してちょっと作りかけたけどあんま気分乗らんな、と思って保存せずに閉じたやつなので(自分の場合。他の人は知らん)処理から漏れて残った名称未設定は後でまとめて削除。

フォルダ内に複数の「.cpr」ファイルがある場合には一番最初に拾われた名前でリネームされます。(例:proj01.cpr / proj02.cpr / proj02-02.cpr といったプロジェクトファイルが3つある場合には多分一番最初に拾われるであろう「proj01」という名前にフォルダがリネームされます。)

作り方・使い方

新規テキストファイル > cr.bat とか適当に名前をつけておく(cr = CubaseRenameという謎の言葉を略したもの)
以下を記述して保存

@echo off
setlocal enabledelayedexpansion
cd /d %~dp0
set filename=
for /d %%f in (名称*) do (
set folder=%%f
set folder=!folder: =!
echo %%f
cd %%f
for %%l in (*.cpr) do (
cd ..
set filename=%%l
set filename=!filename: =!
move %%f !filename:~0,-4!
cd %%f
)
cd..
)

新規テキストファイル > rename10.bat とか適当に名前をつけておく (複数回呼び出して力業で解決するためのバッチ)
以下を記述して保存

call cr.bat
call cr.bat
call cr.bat
call cr.bat
call cr.bat
(↑ 長くなるので5行で省略するけど任意の回数コピペ。20行くらいあればいいんじゃなかろうか)

「名称未設定」たまっているCubaseProjectsフォルダ内に上記2つのバッチファイルを移動(最初からその中で作ってもいいし。)

「rename.bat」をリネームされなくなるまで実行

(残った名称未設定フォルダは.cprが入っていないフォルダなので不要(※必要な人もいるかもしれないので自身の環境に合わせて))

説明とかなんか

動機とか経緯

そもそもプログラミング勉強し始めたけど音の処理とか映像の処理とかいきなりやるにはレベル高すぎて少し慣れが必要とは思いつつ実用性無いものを作るのも食指が動かなかったのでなにか実用性のあるものを作ろうと思い着手しました。入門書とか読んでると「サンプルコードは全て自分で打ちましょう^^」とか書かれてるんですけど、めんどくさいからスルー。

簡単にできそうで実用性のあるもの、と考えたときにちょうど年末だったのでデータの整理をしようと思いCubaseProjectsを開いたところ、相変わらず名称未設定がズラッと並ぶ光景を見て、自動でリネームするやつ作ったろ、と思いました。これまでにさらっとさらった言語はC、Java、VB、Processingなんですけど今まで読んだ内容でファイル名の取得とか全然思いつかなかったので、そういえばコマンドプロンプトのコマンドでそんなのなかったっけと思い、バッチファイルにすることにしました。必死にググりながら作ったんですけど、なんとかそれっぽいのが出来た辺りインターネットってすごい。三時間を目安で頑張ったんですけど結局六時間かかりました。

一行ずつの役割

@echo off
別にいらないっちゃいらないんですけど作業中にコマンド全部出るのがうざかったのと今後編集することがあった際にいちいち書くのもめんどくさいのでそのまま残しておきました。

setlocal enabledelayedexpansion
こいつが一番厄介でした。for文の中の変数が全然思い通りにならなくてそこで数時間潰したんですが、何か知らんけどfor文の中で変数に代入してもそれが確定されるのがforの処理終わってからとかいうよくわからん仕様(遅延環境変数とかどうのこうの)らしくて、まだよくわかってないけどこの呪文唱えとくと一応代入できるみたいです。

cd /d %~dp0
バッチファイルが置かれてあるディレクトリに移動する。(今回の場合はCubaseProjectsディレクトリ)

set filename=
変数リセット。作成中に以前の処理のが残っててうざかったので書きました。実際の処理では必要ないけど今後編集することがあった際に以下略。

for /d %%f in (名称*) do (
厄介なfor文。
「/d」 ディレクトリの名前を対象にする
「%%f」 変数f。取得したディレクトリの名前が入る。
「in (名称*)」 名称~のディレクトリを対象にする

set folder=%%f
変数folderに取得したディレクトリの名前を代入。

set folder=!folder: =!
ディレクトリの名前にスペースが有ると処理ができないっぽいのでスペースを除去。このときに通常の書き方だと「%folder: =%」とするのだけど、先に書いた遅延環境変数だかなんだかの影響をなくすためには「!」で囲めばいいらしいです。

echo %%f
ちゃんとディレクトリ名取得できているかの確認のための表示コマンド。今後編集することが以下略。

cd %%f
ディレクトリ名を取得したディレクトリの中に入る。

for %%l in (*.cpr) do (
厄介なfor文その2。
「%%l」 変数l。取得したファイル名が入る。
「in (*.cpr)」 .cprと最後につくファイルが対象

cd ..
CubaseProjectsに戻る。

set filename=%%l
変数filenameに取得したファイル名を代入

set filename=!filename: =!
スペース除去

move %%f !filename:~0,-4!
ディレクトリ名変更。「%%f」は元の「名称未設定」。「!filename:~0,-4!」は拡張子「.cpr」を削ったプロジェクトファイル名。

cd %%f
もう一回名称未設定に入ろうとする。が、名前が変更された場合入れない。
)
cd..
.cprファイルがなかった場合、CubaseProjectsに戻るためのコマンド
)

call cr.bat
cr.batの呼び出し。

最後のcd辺りを工夫すれば力業を使わなくても処理できそうな気がするんだけどこれ以上長くするよりはとりあえず動くのでこれでいいや、ということで力業に頼りました。改良版誰か作っといてください。

Cubaseで半自動作曲する方法

めちゃくちゃどうでもよくて実用性も皆無に等しい遊び。

1,適当に音源を読み込みます。
2,適当にMIDIを打込みます。
3,MIDIインサートに「MIDI Modifiers」をセット。
4,ランダムにピッチをアサイン、適当に範囲を決めます。
5,スケール、スケールノート(Key)を適当に決めます。
6,再生するとランダムに音程が動かされたフレーズが再生される。

automidi

ちなみに上画像の設定にして8分音符で同じ音を連続で打ち込んだものを再生するとほんとまんま日本風なフレーズが簡単に生成されはするのでどうしてもフレーズが作れない時に頼る事はできなくもない。ちなみに流石にこれに頼ったことはない。

響き多めなピアノ音色を作ってノートを少なめに打ち込めば、再生するたびに変わる自分専用アンビエントが完成する。

もうほんとそれだけ。

MIDI Modifier自体は長さの圧縮が地味に使えたりする場面がたまにある。それ以外の部分はあまり必要性を感じていない。

【ソフト音源】Symphonic Orchestra

公式に全音源名があったのでそこに付随してメモ書きをしていく。にしても改めて見てもものすごい数。

EASTWEST -Symphonic Orchestra

上記ページ内のInstrumentsタブの中に全ての奏法の記載がある。が、奏法自体がわからなかったりするので自分用メモ。・・・と思ったのだけれど奏法については説明されているPDFファイルを見つけたので解決。

操作

PerformanceControls

・Portamento
ONにすればポルタメントがかかるのかとおもいきやかからない。モノフォニックになって次の音のアタックはなくなるのだけど・・・。謎。今まで使ったこともなかったしまぁいいか。

・Repetition
連続して同一ノート同一ベロシティで鳴らした時にマシンガン効果が起きるのを防ぐ。けれどかなりバラバラな音量で持ってこられたりするので下手にONにしないほうがよさげ。

・Legato
アタックがなくなる。レガートというより、アタックがなくなる。レガートって言えばレガートなんだけどアタックがなくなる。正直これでレガートにするよりベロシティとエクスプレッションのコントロールでレガートにしたほうが良い結果になる気がする。

・RoundRobin Reset
上記の同一ノートでのマシンガン効果回避のために異なるサンプルをローテーションして鳴らす際に、ローテーションをリセットする。名前にRR付きのものに対して有効。例えばローテーションするサンプルが3つの音源に対して、2音(もしくは4以上で3の倍数以外)ずつ慣らしていくようなフレーズの場合、毎回フレーズのニュアンスを揃えたいのであればこれを用いる。奏法によっては結構気になる場合もあるし気にならない場合もある。

マイク設定

Close・Stage・Surroundの三種類のマイクを組み合わせられる。これらのアウトプットをそれぞれ別々に変更できることを今日はじめて知ったので一応書いておく。めっちゃ便利じゃん。早く言ってよね。

奏法・音源名

略されていて何のことかわからなかったり、そもそも知らない奏法が多いのでまとめておく。自分用メモなので、もしこれを参考にしてしまう人がいるのであれば不足部分は各自で調べてほしい。調べても簡単には分からなさそうな部分はなるべく触れておくつもりなので。

表現的

奏法以外にも「なんとなくそれっぽい」ニュアンスでつけてる部分が4つほどあるようなのでまずはそちらから。主にストリングスについてることが多い。

Expressive(Exp) 感動的
Butter Legato 流動的
Lyrical 叙情的

ss_ewso_18vc
百聞は一見にしかずということで動画と画像を上げた。動画と画像とで順番が違ってしまったのだけれど、要するに一個のノート内での音量変化表現が主な違いらしい。ButterLegatoは抑揚がなく、Lyrは緩やかなピアノフォルテ、Expは更にゆるやかにメゾフォルテに向かい、リリースもそれをそのまま弾ききるかのようになっている。なんとなくわかった。
あともう一つEmotionというのもあるようなのだが、これはDXFとつく音色に付いていた。DXFはダイナミッククロスフェードの略で、2種の音量の違うサンプルをモジュレーションホイールでクロスフェードすることができるらしい。エクスプレッションとの違いも調べてみたいところだけれど別の機会に回す。Exp Lyr-Legという全マシな音色を今書き進めながら見つけてしまったが、ノートがレガートしていない一音目だけがExpでレガートしている限りは2音目以降はLyrにレガートしていくような音色だった。

奏法

力尽きたので後日

【ソフト音源】Complete Composers Collection HD

EASTWEST音源の中から7種類選んで安く買えちゃうよっていうパック。買ってから5年も経つのにまだ全部ちゃんと把握できてないのでそろそろちゃんと把握してもっと使おうと思いまとめてみる。自分向けのメモ、かつ、買おうとしてる誰かの参考になれば。ちなみにCCCは2,3を経て今はCOMPOSER CLOUDとか言う月額サブスクリプション制も出てる模様。月額で使い放題って最高じゃんとか思ったけど手元にあるものすら使い切れてないのにこれ以上どうしようと言うのか、と冷静に考えなおして手は出していない。まだ。今は、まだ。

EASTWEST HP

選んだ7種類

Goliath・・・総合音源
Stormdrum2・・・エフェクトかかったドラム
Symphonic Orchestra Platinum Plus・・・オーケストラ音源
Symphonic Choirs Platinum・・・コーラス(合唱)音源
Voices of Passion・・・謎の声音源
Pianos Gold・・・ピアノ音源
Ministry of Rock・・・ギター・ベース・ドラム音源

Goliath

一通りの楽器が揃った音源。CubaseでいうHALionOne(今はHALionSonicか)と同じようなもん。音の善し悪しも音色によってなので総合的に見るとやっぱり同じようなもん(か、やや上位)。専門音源にはやはり負ける。HALionOneが比較的素朴でそのまま使うというよりかは音色加工しまくって使った方が楽しいのに対して、こちらはそのまま使える音により近い感じはする。

Acoustic Drumkits(17音色)

HALion収録のドラムを若干加工薄めにして生に近づけた感じ。使わない。Sushi Kitの意味がわからない。加工して遊ぶなら軽くていいかも。でもそれならハリオンでいいかも。

AcousticGuitar Family(11音色)

単音・アルペジオならそこそこいいかも。コードストロークは打込み大変そう。種類は少ない。強く弾くとスライドする仕様がある音源はハリオンと一緒。しかしそもそもアコギを使おうとあまり思わない。

Choir Bank(32音色)

結構音色あってびっくりした。SymphonicChoirあるんだけどな。EWQL Choirsってサブカテゴリがあるので多分共通セットもあるっぽい?SymphonicChoir使うのでこれは使わない。「Mens Choir Shouts」ってやつだけ面白い。面白いけど使いみちが思い浮かばない。っていうかshoutもSymphonicChoirにあった。使わない。

Electric Bass and Upright(15音色)

意外と使えそうな音がいっぱいある。ので今度から使う。
UprightBass Exp1 ベロシティ強で、伸ばしたあと音程下がる。
UprightBass Exp2 ベロシティ強で、半音下からスライド。
UprightBass FX E1-A#2がグリスup、D3-F#4がグリスダウン。

Electric Guitar(51音色)

音色多い。けど自分で弾いたほうが早いし万が一使うとしてもMinisty of Rockの方が使いやすい。音色加工用か。

Electric Drumkits(26音色)

Kitはテクノっぽい、派手でないけどちょっと面白いのがちょいちょい。「OldSkoolNeve」がいろいろ入ってて面白い。Kit以外のSE集みたいなやつが4種。

Ethnic percussion(9音色)

別に好きなわけでもないのに何故か心惹かれてしまうエスニック系。それは好きということなのでは?不明。使う時があったら使う。なさそう。「EthnicDrums88key」がいろいろ入ってて面白い。

Ethnic Pitched(44音色)

琴とか三味線といったものからよくわからん楽器まで。ディジェリドゥとか誰が使うんだよ馬鹿か。って思って鳴らしてみたら結構面白かった。ThaiGongは上に入れておくべきだと思った。

GM Bank(128音色)

GMに対応させてあるだけっぽい。他カテゴリからの寄せ集め。

Keyboard Mallet Instr(14音色)

結構良い音色が多い。使えそう。ハープシコードはベロシティで音量変わらないしリリースにわざわざ物理ノイズが入ってる。チャーチオルガンも良い壮大さ。FF6弾きたくなる。

NewAge Ensembles(19音色)

レイヤーした音色?DragonとかCrystalTowerとか中二病な音色名が多い。下手に作られてるので余程イメージに合わないと使うことは無さそう。SpiritualWarriorとかいうのが激低三味線でよかった。

Orchestra(39音色)

一通り揃ってるけどこれ使うならSymphonicOrchestra(以下略)ホールリバーブかければそれっぽく聴こえないこともないか。圧倒的に奏法が不足しているのでそれで十分な場合のみ使えそう。あとはアンサンブル・セクション系だけで簡易オケつくるとかか。

Pianos E.Pianos(22音色)

普通のピアノはSteinwayBのみ。他はレイヤーとかエレピ。そこまで良い音でもないので特に選択において優先度は高くない。SteinwayならPianosGOLDあるし。

PMI Bosendorfer 290(2音色)

なんでこいつだけピアノカテゴリからはじき出されたのか。タッチ軽めで音は固め。ただしフォルテで弾いた時には予想より柔らかい音が出るというなんか不完全燃焼な感じ。これもPianosGOLDでいいや。

Pop Brass(76音色)

意外といろいろな奏法が入っている。その気になればジャズとかビッグバンドっぽいのとかそれなりに本格的に打ち込めそうだけどもっと楽にできる音源が多分あるし、その気になるような(この音色を必要とする)曲を作ることが多分無いと思う。

Stormdrone MOD(77音色)

劇伴用です!感がすごい。もしくは、あっ劇伴だ!感。使ったら負けな感も同時にある。これにちょっと足せばそれっぽくなるだろうことは容易に想像できるので非常に便利そう。というか何も足さなくてもすでにそれっぽい。

Synth Bass(14音色)

変な音色はなく、普通に使えそうだけど結局細かいことやりたくなってシンセで自分で作る事にもなりそう。

Synth Leads(11音色)

使えないわけではないけどやっぱりこれもシンセならではの細かいとこ弄りたくなって自分で作ったほうがよい。

Synth Pads(38音色)

同上。音色が多い分、拘らない場面では使える可能性は高い。

Vintage Organs(音色)

オルガンの生の音って実は聴いたこと無いから生っぽいのかどうかはわからない。けど、ハリオンのものに比べるとこちらのほうが良い音に感じる。もしオルガンを使う機会があれば間違いなく使うけど、その機会がまずあるかどうか。

Stormdrum 2

EASTWEST
HighResolution

サウンドトラック用などにエフェクトがかけられたドラム音源。結構楽しい音もあるのだけれど、何故か読み込めない音色がいっぱいあるし、KompleteでDAMAGEがあるので、あまり使うことはなかった。実際に色々と鳴らしてる動画を見つけたので言葉でぐちゃぐちゃ言ってるよりこっちのほうが参考になる。以下、自分のためのメモ。

Best of SD1

読み込めない。

Drumkit and Related

Orchestral Maching Kit、The Beastが使えそう。

Ethnic Drums

民族系。必要であれば使う。

Ethnic Metals

結構使えそうなのが多い。prepared FXはプリペアド・ピアノの音かき集め。面白い。

Midi Perf Multis

プリセットマルチ。MIDIチャンネルは予め振ってくれてあるけどアウトプットは振られてなさげ。いっぱいありすぎて流石に漁る気にならない。

SD2 PRO new material

読み込めない。

SD2 PRO new zen

読み込めない。

Sound Design Percussion

BPM Glitched Drumsシリーズ、楽しい。他もエフェクティブで楽しい。すごく使えそう。ってゆーか使いたい。

Woods and Shakes

Ethnicと一緒にしておいて欲しい。

ZendrumPrograms

なんかZENDRUMとかいうハードウェアでの演奏用らしい。他カテゴリにある音。

Symphonic Orchestra Platinum Plus(未)

EASTWEST SO
HighResolution
クリプトン(廃盤になってるが情報は残っているので一応)

めちゃくちゃ多いので別ページに。

Symphonic Choirs Platinum

EASTWEST
HighResolution
合唱音源。いつか腰を据えてじっくり触ってやろうと思ってたら5年も経ってしまった。公式のデモ音源で十分音はわかると思う。WordBuilderを使うとなんと歌詞も歌わせられる。使い方がまだちゃんとわかってなくて殆ど使ったことがないのでこれはまたちゃんと使ってから別の機会に単独で詳しく書くつもり。

Voices of Passion

EASTWEST
HighResolution
勝手に歌い出す音源。極論するとネタ音源。2つの意味で。あー、とか、おー、はまだ使いみちもあるけれど言葉を喋られたり勝手にメロディーを歌われたりすると困る。ひたすら吐息しか鳴らない音とかあったりする。どうしてもそれっぽい雰囲気出したい時か、声ネタと割りきって使うかどちらか。ちなみにこれを使って曲を使ったことは今までに一度もない。これからも一年に一回あるかどうかだと思う。無いと思う。公式のデモ聴いてください。

Pianos Gold

EASTWEST
HighResolution
ピアノ4種類。Bechstein 280 / Bosendorfer 280 / Steinway D / Yamaha C7。4種類しか無いので公式のデモで十分参考になると思う。Goldじゃないエディションの場合、マイクポジションが3種類読み込めたりでサンプル数と容量が大変なことになるようだが、Goldエディションですでに読み込みが遅い。ピアノ・ソロとか小編成向き。大編成であればもっと読み込み時間の軽いピアノ音源で十分。

Ministry of Rock

EASTWEST
HighResolution
ロック向けギター・ベース・ドラム音源。今はもう2が出ている。ギターは弾いた方が早いしベースとドラムも他の選択肢のほうが音が良いのでこれもあまり使っていない。細かいニュアンスとか抜きにして手軽にやりたい時には重宝しそう。買ったばかりの頃に全部Ministy of Rockで作った簡単なインストがあった気がするのだけれど、何処に行ったかわからないのでこれも音の参考になりそうな動画を貼っておく

Guitars

7弦ギターは持っていないので結構お世話になってたりする。他は音色いじりづらいしあんまり使わない。コードストロークを自然に打ち込むのはものすごい労力。自分で弾いちゃう。

Basses

左がアンプで右がラインになってるっぽい。Stereoのままだとおかしなことになるので合成Monoか単体monoにしたほうが良さそう。結構いい音かなと思ったけど早いBPMでのルート弾きは難がありそう。

Drums

4種のキット。細かい設定は出来ないけどそこそこの音で読み込み早いのは便利。アーティキュレーションで他のキットの音を混ぜ込むことで多少のキットごとの音色操作もできなくはないか。

追記日付

2016/06/02
ページ作成・Goliathのみひとまず網羅。
Symphonic Orchestraは別ページヘ。

2016/06/05
StormDrum 2
Ministry of Rock
Pianos Gold
Voices of Passion
Symphonic Choir
追記。