【アレンジ】G.W.D【thee michelle gun elephant】 – string quartetto

SymphonicOrchestraの打込みに慣れるための弦楽四重奏アレンジ練習第二弾。果たして王道の弦楽四重奏的アレンジからはかけ離れてしまっている。ロック四重奏。もう完全に思いつきでやり始めて、あれ、微妙か?とはうすうす思いながらも聴き直したら、あれ、かっこいい・・・?のか・・・?とか思いつつ完成させた。

メロディーはアーティキュレーションキースイッチの切り替えよりもベロシティとエクスプレッションの書き込みに注力した。もっとはっきりと抑揚をつけた方がよかったと思いつつもこれにあまり時間をかけてもしょうがないなとある程度のところで終わらせた。

4パートしか無いのにバイオリンは20を超える奏法を選択しつつ、ベロシティとエクスプレッションの書き込み、ノートの長さの微調整をしていくだけで大変なのに、ライブラリに不具合があるのか正常な動作なのかわからないが、ベロシティの数値と出音の音量が一致しないことがよく発生してしまって大変。特にレガート系の奏法。奏法によって定位がいきなりおかしくなったりがやはりあって結局モノラルソースに切り替えた。

バイオリンとヴィオラのキースイッチはだいぶ慣れてきたけれどコントラバスは二種類しか使ってないので全く慣れなかった。といってもカンニングペーパー片手なのだけれど。

チェロの音かっこいいなー、という動機で最後まで持って行ったけれどこの系統のチェロといえばそういえば2Cellosっていう2台のチェロでガンガンやってる人たちが。

the prodigyのvoodoo peopleをやってる辺りから知ったのだけれどこの系統のアレンジも楽しそう。

【アレンジ】Ievan Polkka – String Quartetto

なんか練習がてらやろうとするとかえるのうたばっかりだなって思って違うものにした。

SymphonicOrchestraの打込みに慣れるための弦楽四重奏。コード進行を思いっきり変えてしまうアレンジも頭のなかにはあったけど今回はそんなに大きくは変えなかった。ロイツマ版を参考にしたので広く知られてる初音ミク版とはメロディーやリズムの細かい部分は異なっている。展開に関してもロイツマ版に沿って大きくはなれない範囲での展開に留めてある。

solo violin(2つ)、solo viola、solo celloの全てKeysw Master。キースイッチによる切り替えで、全てとはいかないまでも大体のアーティキュレーションを網羅している。今回はここに含まれている範囲内で演奏の構築を試みた。といっても本当に細かく作りこんだのはメロディーだけで、他はそこまでやる元気がなかった。これくらいの小さい編成だともう少しちゃんと作りこまないと安っぽさが多少目立つ。大編成・大音量になるのであれば伴奏に回る楽器は奏法とベロシティーさえ間違わなければそこまで問題は無さそうではある。表現したいものが表現できていれば生っぽいかどうかという点は絶対必要なわけでもないので。

キースイッチの場所と奏法と音とが頭の中で一致していないのでこれだけのものなのに結構時間がかかってしまった。アナログではあるけれど、スイッチの音名と奏法名と音の形を紙に書いて手元に置いて覚えるまでは併用したほうが良さそう。本格的なオーケストラの編成を作るにはまだ時間がかかりそう。

【ソフト音源】Symphonic Orchestra

公式に全音源名があったのでそこに付随してメモ書きをしていく。にしても改めて見てもものすごい数。

EASTWEST -Symphonic Orchestra

上記ページ内のInstrumentsタブの中に全ての奏法の記載がある。が、奏法自体がわからなかったりするので自分用メモ。・・・と思ったのだけれど奏法については説明されているPDFファイルを見つけたので解決。

操作

PerformanceControls

・Portamento
ONにすればポルタメントがかかるのかとおもいきやかからない。モノフォニックになって次の音のアタックはなくなるのだけど・・・。謎。今まで使ったこともなかったしまぁいいか。

・Repetition
連続して同一ノート同一ベロシティで鳴らした時にマシンガン効果が起きるのを防ぐ。けれどかなりバラバラな音量で持ってこられたりするので下手にONにしないほうがよさげ。

・Legato
アタックがなくなる。レガートというより、アタックがなくなる。レガートって言えばレガートなんだけどアタックがなくなる。正直これでレガートにするよりベロシティとエクスプレッションのコントロールでレガートにしたほうが良い結果になる気がする。

・RoundRobin Reset
上記の同一ノートでのマシンガン効果回避のために異なるサンプルをローテーションして鳴らす際に、ローテーションをリセットする。名前にRR付きのものに対して有効。例えばローテーションするサンプルが3つの音源に対して、2音(もしくは4以上で3の倍数以外)ずつ慣らしていくようなフレーズの場合、毎回フレーズのニュアンスを揃えたいのであればこれを用いる。奏法によっては結構気になる場合もあるし気にならない場合もある。

マイク設定

Close・Stage・Surroundの三種類のマイクを組み合わせられる。これらのアウトプットをそれぞれ別々に変更できることを今日はじめて知ったので一応書いておく。めっちゃ便利じゃん。早く言ってよね。

奏法・音源名

略されていて何のことかわからなかったり、そもそも知らない奏法が多いのでまとめておく。自分用メモなので、もしこれを参考にしてしまう人がいるのであれば不足部分は各自で調べてほしい。調べても簡単には分からなさそうな部分はなるべく触れておくつもりなので。

表現的

奏法以外にも「なんとなくそれっぽい」ニュアンスでつけてる部分が4つほどあるようなのでまずはそちらから。主にストリングスについてることが多い。

Expressive(Exp) 感動的
Butter Legato 流動的
Lyrical 叙情的

ss_ewso_18vc
百聞は一見にしかずということで動画と画像を上げた。動画と画像とで順番が違ってしまったのだけれど、要するに一個のノート内での音量変化表現が主な違いらしい。ButterLegatoは抑揚がなく、Lyrは緩やかなピアノフォルテ、Expは更にゆるやかにメゾフォルテに向かい、リリースもそれをそのまま弾ききるかのようになっている。なんとなくわかった。
あともう一つEmotionというのもあるようなのだが、これはDXFとつく音色に付いていた。DXFはダイナミッククロスフェードの略で、2種の音量の違うサンプルをモジュレーションホイールでクロスフェードすることができるらしい。エクスプレッションとの違いも調べてみたいところだけれど別の機会に回す。Exp Lyr-Legという全マシな音色を今書き進めながら見つけてしまったが、ノートがレガートしていない一音目だけがExpでレガートしている限りは2音目以降はLyrにレガートしていくような音色だった。

奏法

力尽きたので後日