GARAKUTA-DUKUME

yuta kishimoto

*

20200115 覚書

   

設計ミスった。プレビュー前に描画を予めするか、リアルタイム描画(音のズレを許容)するか選ぶセクション、予め描画するならそのシステムが必要。

久々に派遣からのメール見てたら時給2000円前後がゴロゴロ転がっていて、どうしたどうした、何が起こってるんだ。

そういえばウクライナ旅客機の件で一気にイランとアメリカのピリピリ感消えたように感じるんだけど、報道が収まったせいでそう感じるだけなのか何か実際にそのような状況なのか判断がつかん。

FC2サーバー移行、ようやく申し込んだ。やろうと思ってから一ヶ月くらい。

育休休暇パフォーマンス、わかりやすすぎて政治家って本当の本当の本当は本当に馬鹿なのでは?って思えてくる。っていうか育児したこと無いからわからんけどそもそも 2 週間で足りるの。

高齢者に教育という仕事を任せられないものか。起こりうる問題に対しては厳罰を以て対処、と思ったけど老い先短いから厳罰を食らってでもやりたいことやっちゃうおじさん絶対出現するな。難しいな。

問題を起こせないような環境をそもそも作成する必要がある。とするとその環境を監視する体制が必要となり、監視人が適正である必要がある。監視の監視の監視の監視。運用が適切かどうかの監視という意味では何もこれに限ったことではなく全てに言えることですね。

現場に性善説を求めても結局は人それぞれなので統制が必要であるのに上がそれをしないのでどんどんと現場で性善説に準じている人間の負担が増し、いなくなり、惨状へと加速する下降螺旋構造。

性善説という言葉は不適切だなと今更ながらに思ったりしたけど書き直すのがめんどくさい。作業しよう。

人の脳の並列処理って実際どうなっているんだろう。シングルスレッドでの見せかけの並列処理なのか、実際に並列に動作しているのか。自分の意識では実際に並列に動いているように感じるけれどただ単に切り替え速度が早いがゆえにそう感じるだけなのか。

一つの感覚受容内において並列認識が可能かどうか。例えば複数の音がなっている楽曲の視聴に於いては同時に並列に認識しているのかそれとも受容をバッファして順次認識を勧めているのか。

あ、そういう意味でAuditory Booster はあれだな、受容のバッファサイズを最小にしてリアルタイム処理負荷をかける方向に設定される感じあるな。人はバッファに対してフィルターを掛けてしまう。

バッファにフィルターを掛けて処理を軽くする、って普通になんか使えそうだな。劣化はもちろん前提のものになるけど。

Auditory Booster、製品版に手が出ないのは普通にたけぇ、ってのもあるんだけど恣意的に並べられたノイズではあるので変な癖が付きそうな気もうっすらする、というところはある。この画像(動画)を数秒見たあとにこの画像を見てください、色がついて見えるでしょう、動いて見えるでしょう、に近い感じ。

まぁそうならないように多分製品版は数種類用意されていて、なるべくイコライジングするような仕組みになっているんではないかという予想はしている。

なんでブログ隔離なのに俺は140文字以内を意識して区切っているんだ。ウケる。

音ズレを許容したリアルタイム描画から始めることにする。図形描画の重なりの順番、次にシンプルに波形の描画。
3Dに関してはおとなしくUnityかUnrealEngineを利用したほうがいい気がする。

 - タワゴト尽くめ, 酔っ払いのタワゴト